« デザイン変更とか。。 | トップページ | 「龍馬伝」第1回 »

宇宙戦艦ヤマト 復活篇(ネタばれ山盛り)

本日ようやく、映画館にて見てきました。
感想書きまくりますのでネタばれにご注意を~。

清水町のサントムーンにシネマ館が出来てから2年だそうで
歩いてでも行ける距離なのにここで映画観るのは初めてです。
ていうか映画館に行くこと自体、えーーーーーと「千と千尋の神隠し」以来、か?

席を取りに行ったらば、ワタシらで3組目(汗
どんだけ入ってないんだ・・・ワンピースの客でごった返してるかと
思いきや、全体的にガラガラだったよ。みんな午前中に見るのかな。
て、今確認したらあそこではワンピースやってなかった(汗

さてヤマトはというと
・オープニングの「無限に広がる大宇宙」と、あのスキャットは健在。
 ちょっと安心。
・アルフィーさんが歌うヤマトオープニングは割と否定意見が多いけど
 しょうがないなと思った。
・キャラのデザインが角張り過ぎ・・人間ぽくないなぁ。
・そしてやっぱりみんな日本人なんだ
・真田さん老け過ぎだー確か設定48歳じゃなかったか?
・島次郎は、あれ兄の島大介が死んだこと忘れてる人多数だろうから
 誤解するぞ。昔の「加藤の弟か」みたいなくだりがないとわからんて。
・その辺の脚本がねー。ドラマになってない。
・新乗組員に対しては何の感情も湧かない。軽すぎ。
・雪を脱がす必要があったのか?
・実は折原真帆ちゃんが主役じゃね?
・古代の声はだんだん慣れる。けど太助の見た目がどうしても慣れない。
・副艦長をあんなに早い段階で死なすとは・・てかやっぱり特攻ありなんだ
・クラシック音楽を戦闘シーンに使うのと、移民船団が四角いのは
 あれどう見ても「銀河英雄伝説」とかぶるとはダンナと同意見
・とにかくCGはいい。発射音とかにこだわる人いるけどこれは全く
 別物のヤマトだと思ってるから構わない。スピード感もあれは手書き
 じゃできないだろうしね。3Dでやってほしいくらいだね。酔いそうだけど
・だから人物や動物のセル画とのギャップがありすぎて、だったらいっそ
 全部CGにしちゃえよと思うくらい。
・敵キャラがわけわからない。登場時に字幕で名前出してくれないと。
・ブラックホールは結局人工物っていうオチ
・さらにやっぱり真田さんの仕込みが!ここで笑いをこらえるのに必死
・そして最後に「第一部 完」ええええええ
・高見沢王子の歌うエンディングは、あれはあれでいいんじゃないかな。

ちなみに試写会では結末が2種類あったそうで、客のアンケートでどっちかに
決めたんだそうです。もう一つはどんな感じだったんでしょうかね。
DVD出たら特典映像とかに入るのかしらん。


まーとにかく突っ込みどころ満載過ぎて、その辺はヤマトらしいなと思ったよ。
3部作になるらしいので、全部見てから判断するしかないかなと
思いました。
あ、もう一つ、西崎Pの文字がでか過ぎ。どんだけアピールするんだよと。
長年ヤマト見てきたから何とか耐えられたけどw
全く知らないで見たら全然わからないだろうなー。興業的にはどうだろう。

ところで22日がここのシネマ館が2周年だそうで、1000円で見れるって
いうんで「のだめカンタービレ」のチケット買ってきました。
平日夜だけど次の日休みだからね。
年があけたら「レイトン教授と~」も見てみようかな。

|

« デザイン変更とか。。 | トップページ | 「龍馬伝」第1回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト 復活篇(ネタばれ山盛り):

« デザイン変更とか。。 | トップページ | 「龍馬伝」第1回 »