« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 備忘録 »

2011年3月11日

忘れてはいけない日が、また一つ増えました。

生きていると、いろんなことが起きます。

でも、生きていることがこんなにも素晴らしく、ありがたいということを

ただただ実感しております。


被災した方々、お見舞い申し上げます。
亡くなられた方、お悔やみ申し上げます。
言葉だけでなく、ささやかながらも
私たちにできることをやっていきたいと思います。

これ以上、悲しいことが起きないように
私たちも日ごろの準備や心構えを忘れないようにしたいですね。


そして、マスコミ全般へ一言

津波の映像や、流された家屋の跡を長々と映してる時間があったら
今、本当に必要な情報を流して下さい
いたずらに不安や恐怖をあおられるのはもう結構です
避難所に行ったんだったら、掲示されてる安否情報を
一つ一つじっくり映してあげることくらい出来るでしょうに!

ただ、原発のことはさすがに心配です
国際的にも大きな問題になると思います
なんとか無事でいてくれることを祈るのみです

元気な皆さん、今は私たちが頑張る時です
しっかり働いてお金や物を回しましょう

一市民のつぶやきでした。

|

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 備忘録 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98288/51107150

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年3月11日:

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | 備忘録 »