カテゴリー「ライブ」の5件の投稿

サイモン&ガーファンクル来日公演(ネタバレ)

行ってきました、東京ドーム。

席は3塁側の内野スタンド、前から5列目くらいかな。
決して近い席ではないけど、スピーカーからいい感じで音が来たので
ドーム特有の反響は全然気になりませんでした。

もうね、予想以上に、よかったです!!!

彼らの曲、すごく好きだけど、ファンになったのは実は
伝説のセントラルパークでのライブをテレビだかラジオだかで
聞いて以来なんですね。(1981年)
解散した後なわけですよ。
だから客層は、ワタシよりもかなりお年を召した方が多かったです。

ALFEEの3人が彼らのファンでライブでもよくカバーしてますが
そのことを知ったのはそれ以降のことでした。

彼らが歌うカバーも、幸ちゃんのギターは完璧コピーだし
アート・ガーファンクルのパートを歌うサクちゃんもいい声で歌うけど

ごめんね、あれはやっぱりカバーだよ。

本物がようやく聴けたことが、自分でも信じられないくらい感激しちゃって
1曲目の「旧友」からすでにうるうるしてたのですが
アンコールの「ボクサー」ではもうボロボロでございました。

さすがに高齢になって、衰えたと言われていたけど
「全然!」ですよ!
あのハーモニー。本物がこんなにはっきり聴けたよ。すごいよ。
「明日に架ける橋」の、二人のコーラスになる部分で
自然と拍手が起きていました。それくらい、感動的、でした。
歳をとって、それが逆に、今風にいうところの「枯れた」感じで
むしろ味わい深くなった気がします。


追加公演の武道館のチケット、まだあるみたいです。
もし、どうしようと思ってる方いたら、お値段張りますけど
思い切ってみてはいかがでしょうか。
もう最後、ですよ、おそらく。


高いチケット代払ったけど、それだけの価値はあったと思います。
まさか日本で、今になって、この歳で、
「サイモン&ガーファンクル」としてのライブが見れるとは
思ってもみなかったし・・来るとしたらソロでだと。
しばらく浸れるなー。ニヤニヤ。


次の目標は「QUEEN」を、やっぱり、何としても見ておきたいな。
ボーカルが違ってもブライアンとロジャーがいればそれでいいよ。
なんて思った夜でございました。
 

続きを読む "サイモン&ガーファンクル来日公演(ネタバレ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋行ってきたがね

J1中断明けの6月28日。
が、ワタシはそれを蹴って名古屋に行きました。

目的は、今ツアー最初で最後のアルフィーのライブ@名古屋センチュリーホール。
当初は、4/17王子バースデーの静岡でのライブに行く予定でそれonlyにする
つもりだったのですが、当日、大風邪ひいてダウンして泣く泣く欠席しまして
後でセットリストを見て、行けなかったことを非常に後悔して
これはなんとしてもリベンジしなきゃと思い立って
それ以降にチケット発売される名古屋(ツアーファイナル)に行くことにした
わけでございます。。

名古屋でのライブは、独身時代以来。
そしてこのホールはまったく初めてでございます。
椅子の座り心地がよかったですねぇ。。

で、今回は普通に電話予約でとって普通に行ける時間帯に郵便局で振り込んで
来たチケット見てどびっくり。1階5列ど真ん中!
行ってみてさらにびっくり。ホントにど真ん中で幸ちゃんとサシでした・・
あんまり近いと正視できないんだよね。。なんか照れちゃってさw

曲目は、前半は懐かしい曲中心。
ああそうそう、このツアーのタイトルは
「THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE」 (そこ!グラス持って叫ばない!)
といいます。
同タイトルのアルバムが出たのは1984年。
この頃の曲は、もうイヤっちゅう程聞き込んでるから、とても安心して
聞いてられる・・つもりだったけど
今年からサポメンのキーボードが代わったんですね。
そしたら、音もやっぱり多少違うわけですよ。
使ってる機材も違うのかも知れないけど・・
ドラムも去年代わって、もう昔とは違うんだなぁと。
これも時代の流れか・・というわけで
あまり深いことは考えないで見ることにしました。
いろいろ言いたいことはないわけじゃないけどさ。。

名古屋には「ご当地ソング」がありまして
その昔、高砂殿という結婚式場のCMソングとして使われた
「Loving you」という曲。
静岡でも流れてたし、とても好きな曲なので楽しみにしてました。
ちゃんとやってくれて嬉しかった。。
高見沢さんがMCで「高砂殿でこの曲使って結婚した人!」と
客席に問い掛けたら、結構いたみたいですね。
ちなみにワタシは違う場所でしたけど、披露宴でこの曲使いましたw
(事情を知る新婦友人に爆笑されましたが)
ちなみに2
今調べたら、今は高砂殿じゃなくて「ザ グランドティアラ」って名前に
変わってるみたいです・・知らなかった。。

本編中盤から最後にかけては、たくさんある「Love」ソングが
ずらっと並びました。後でセットリスト見て気が付きましたw

アンコールの”出し物”コーナーは
チーム賢としてはとても楽しみな時間なのですが
その前の「BAD GIRL」の高見沢さんとサクちゃんとの絡みで
サクちゃんが高見沢さんの生腕に向かって、舌をペロペロペロっと
出したのをワタシは見逃さなかった!やばいってエロいって!!
思わずギャーと叫んでしまったおバカなワタシでした。。

そしてその後の出し物も
あれも賛否両論あるみたいですが
とりあえず、長すぎることを除いては、ワタシ的には十分ウケました。
ていうか、あれだけ近い距離で真正面で見られたんだから
もう何も言うことはないです・・ごちそうさまでした。

細かいこと書いてたらとてつもなく長くなってしまいそうなので
この辺でまとめますが
今年で結成35年になるアルフィーさん
あと35年続けるそうですよw
横でサクちゃんが必死で計算してました。
出た答えは「・・・・米寿!!??」
その頃にはベースもギターも、「今よりもっと速く弾けるぜ、手が震えてww」
だそうでございます。
ちなみにワタシがアルフィーにはまって、今年で25年になります。
てことはワタシも、あと25年続けなきゃならないんでしょうかそうですか。
まあ、お互い頑張りましょう。。


ちなみにこの名古屋ライブは、28日と29日の2DAYS。
これで春ツアーは終わりです。
29日のファイナルに行った友人から先ほど連絡が。
秋ツアーは
10/25静岡市民文化会館
10/26愛知県芸術劇場
12/14名古屋センチュリーホール
だそうです。
まずは静岡のチケ鳥頑張るぞ。。

参考までに
この日のライブのセットリストです。

1.孤独の美学
2.真夜中を突っ走れ!
3.GATE OF HEAVEN
MC坂崎さん
4.仮面舞踏会
5.幻想飛行
6.夢よ急げ
MC3人
7.Loving You
8.Wonderful Days
9.SAVED BY THE LOVE SONG
MC高見沢さん
10.愛の鼓動
11.ONE LOVE
12.Nouvelle Vague
13.LOVE
14.確かにFor Your Love
15.Lifetime Love
アンコール1
16.It's For You~挽歌
17.BAD GIRL
-出し物-
18.D.D.D!~Happy 65th Anniversary for Donald Duck~
19.トラベリング・バンド
20.星空のディスタンス
アンコール2
21.水曜の朝午前三時
MC高見沢さん
22.ALWAYS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高見沢俊彦ソロライブ

8月19日、有明コロシアム。行ってきました。
隣ではオタクの祭典3日目があったそうで
最寄駅は激混みでございました。
思わずげっそり。一直線に会場に入って口直しー。

今回はご存知、高見沢王子のソロツアー最終日。
ワタシ一応チーム賢(桜井さんファン)なのですが
今回はアルバム「Kaleidoscope」がかなり気に入ったのと
参加ミュージシャンがなかなか豪華なので
前回のソロライブには行ってなかったことだし
チケットが取れたら行こうかなーと申し込んだところ

来たチケットは、アリーナBブロック7列目。マジっすか!
下手したらビデオに映ってしまう・・・うひゃー。

入場して開演を待っていた時。いろいろ注意事項が放送されますよね。
そのアナウンスが面白かった!
たとえばですね

・本日の公演は…サードプラネット、桜井賢、坂崎幸之助の応援で
 お送りいたします。とか
・高見沢俊彦の乗った気球が風にとばされてまだ到着しておりません とか
・ジャケットの白い馬に乗って到着しましたが馬を止める場所が
 見つかりませんのであと2日お待ちください  とか
・演出効果の為に非常灯を落とさせて頂きます。
 決して電気代をケチっているわけではありません  とか
・カメラ付携帯、携帯付カメラ、ガメラ、ゴジラ、メカゴジラ・・による撮影は
 お止め下さい とか
・開演まで、千年お待ちください
 隣の人とあっち向いてホイでもして待っててください とか

他にもいろいろ、王子のイメージをふんだんにちりばめた内容を
まったく無表情かつ事務的に棒読みする女子アナウンスに場内大爆笑でした。
いいじゃんこれ毎回やって欲しいよ。。

今回、アリーナ席の後ろに「ロイヤルシート」?とかいうカテゴリーがあって
「どんなロイヤルな人が来るんだろ??」「弁当つき?」などと冗談言ってたら
まあいわゆる関係者が来るような席だったんですね。普通の客もいたけども。
で、なんとなく眺めていたら、見覚えのあるシルエットが。
全身真っ黒ないでたちでサングラスをかけたその男はまさに・・!
氣志團の綾小路翔その人でした。

なんでそんなところにー!スタンドじゃなくてステージにぜひとも・・!
と思っていたのはワタシらだけか??
そしてその後には、なんと坂崎幸之助氏まで・・あれサクちゃんは??

そんなこんなで開演。
ステージに現れた王子は・・・衣装もまあいつも以上に派手でしたが
髪型が、「唯一、ドレスを着て舞踏会に行ったときのオスカル」みたいで
一人ツボってました。

16年前の最初のソロライブは、本人以上に、見ている客が「緊張した」
とのことでしたが、今回はあれからいろんな経験値を上げた王子だけ
あって、最初から楽しませていただきました。ひっきりなしに目線が足元に
行くのはきっとお助けアイテムがあったんでしょうかね。裸眼で見える
ように作るのって大変だろうなぁ・・などと余計なことも考えつつw
結構ガンガンにノレましてございます。

今回のコンセプトはきっと「ギター小僧の競演」だと思うのですね。
左に元聖飢魔IIのルーク篁、右にALvinoというバンドのKOJI 。
ルーク様はともかく、KOJIって誰だか知らなかったのですが
なんとキュートな子でしょう。カワイイー。
自分の印象について王子が話していたとき
「じゃあ誰かに聞いてみようかな、こういうのは唐突にいきなり聞く
のが面白いんだよな、じゃあKOJI!」
とおもむろに指名したところ、ホントに真っ白に固まって何も答えられ
なかったKOJIくん。なんてウブなの♪
シロヒコクッションを王子からプレゼントされて、頭の上に乗っけて
おどけた姿もとってもラブリー。
ギタープレイも、他の大先輩に気後れしないように必死でやってるって
感じだったけど、終始ニコニコしててオバサンとっても気に入りました。。

同様にルーク様もとっても楽しそうに客を煽り、アンコールでANCHANG
(SEX MACHINEGUNS)が出てきてKOJIと王子の4人でエンジェルギターを
競演するシーンなどはもう、耳がつぶれそうでしたw

最後は王子一人でしっとりとアコギでの弾き語り。こんなエンディングを
持ってくるなんて粋ですねぇ。
ワタシの席からは、トークの言葉も音も割とはっきり聞こえましたが
スタンドでは音響がかなり悪かったようです。まあこういう会場だから
仕方ないやね。武道館とか東京ドームも同じだしね。。
でもあの”爆音”で、2日ほど耳がキンキンしてました・・

というわけでなかなか楽しいステージでございました。行っておいてよかったよ。
ダンナも一緒に行ったんだけど、今回は95%が女という客層だったので
なんだか居心地悪そうでした(笑)しかもなんだか年齢層がいつも以上に
高い気が・・なんでだ・・

以上、まとまりないけどレポート(のようなもの)でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節目なのかな

行って来ました、「国民的行事」(C)高見沢俊彦 

2日間あったライブでしたが今回は泣く泣く2日目のみの参加でした。
そして私にとっては86年の初参加以来、20年目の夏イベ。

噂されている「今年で最後!?」という件については何のコメントもなかったけども
いろいろ事情があるんだなということはわかってるつもりです。
今まで毎年懲りずに続けてくれてありがとう。
終わりと宣言されるより、やれたらやるっていうスタンスでいてくれた方が気楽です。
これでいいと思いますよ私は。

買って来たDVDパンフ見ました。
非公式版に、大爆笑しました。これは必見。ここまで腹抱えて笑ったのは久しぶりだ・・

今回1日のみの参加にしたのは、チケット代の高騰や宿代等の費用に我が家の家計がついていかなくなったのと(二人分なので・・)ここらで私も一区切りつけないといけないのかなという気がしてたという2点が理由、かな。
実際、初日の12日は午前中仕事だったから行くにしてもかなり無理しないといけなかったのですが。

いつものみんなとは、もう生きてる世界が違うんだな・・と思う今日この頃です。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民の義務

センセイそれは言いすぎですー(汗)

でもそう言われると「そうか、行かにゃー」と思うワタシもどうかと思いますが(^^;;)

今年もアルフィーさんの毎年恒例夏の野外イベントの会場がようやく発表となり
ました。
今年の日時は8/12と13の2日間。
場所は横浜の赤レンガパーク。ここでやるのは2回目ですね。
横浜には何度もお世話になっててありがたい限りでございます。
横浜なら最終の新幹線で帰れるなー。

あと問題は、お盆真っ只中というと、13日には坊さんが来るんだよね・・・
どうしよう。でも2日間のイベントだとまず間違いなく、後日の方が盛り上がるから
はずせない。。
イベントだけは必ず全日参加してきたんで、ここで記録とめるのもなぁとか
でもどこかであきらめないとならんよなぁとか
いろいろ考える、ワタシの20回目の夏でございます。
(夏イベ初体験は86年のTOKYO BAY AREA)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)